穏やかな天気の休日。海に出かける。
釣り人が一人、海に向かう姿。
父が生きていたら、ここに来て、釣りを思い切り楽しんでくれただろうな。釣り人に出会うたびに思います。

日本海は、朝日を拝めないのですが、夕日が毎日海に沈んでいきます。雲の形、海の色が毎日、刻々と変化し、表情豊かな海辺の風景。
ここで生まれ育った人からすれば、当たり前すぎる日常も、見渡す限りビルや建物にあふれた街で育った身としては、毎日のこの変化がとても刺激的。