山梨の自然派ワイナリー「共栄堂」にて、2019年に発売されたヴィンテージには、おさのなおこの作品がエチケットとして採用されました。

今回は「詩と版画」をコンセプトとし、詩編から着想を得て作品を彫り上げました(※)。

※2019年冬発売のヴィンテージに採用された作品「珊瑚礁」だけは旧作です。

 

2019年冬発売 K18FY_SR / DD / AK

K18FY_SR / DD / AK
K18FY_SR / DD / AK

珊瑚礁
ホセ・マリヤ・デ・エレディヤ

 

波の底にも照る日影、神寂びにたる曙の
照しの光、亜比西尼亜、珊瑚の森にほの紅く、
ぬれにぞぬれし深海の谷隈の奥に透入れば、
輝きにほふ虫のから、命にみつる珠の華。

 

沃度に、塩にさ丹づらふ海の宝のもろもろは
濡髪長き海藻や、珊瑚、海胆、苔までも、
臙脂紫あかあかと、華奢のきはみの絵模様に、
薄色ねびしみどり石、蝕む底ぞ被ひたる。

 

鱗の光のきらめきに白琺瑯を曇らせて、
枝より枝を横ざまに、何を尋ぬる一大魚、
光透入る水かげに慵げなりや、もとほりぬ。

 

忽ち紅火飄へる思の色の鰭ふるひ、
藍を湛へし静寂のかげ、ほのぐらき清海波、
水揺りうごく揺曳は黄金、真珠、青玉の色。

 

上田 敏 訳 1952『海潮音』新潮文庫
珊瑚礁
珊瑚礁

2019年夏発売 K18bAK_DD / AK

K18bAK_DD / AK
K18bAK_DD / AK

至上善
ロバアト・ブラウニング

 

蜜蜂の嚢にみてる一歳 の香も、花も、

宝玉の底に光れる鉱山の富も、不思議も、

阿古屋貝映し蔵せるわだつみの陰も、光も、

香、花、陰、光、富、不思議及ぶべしやは、

玉よりも輝く真、珠よりも澄みたる信義、

天地にこよなき真、澄みわたる一の信義は

をとめごの清きくちづけ

至上善
至上善

2019年秋発売 K18AK_DD

K18AK_DD
K18AK_DD

F930 / J883
エミリ・ディキンスン

 

詩人はランプに火を点すだけ
彼ら自身は消えてゆく
彼らの活気づける灯芯は
もし光に命があるならば

 

恒星のように永くもつ
各時代がレンズとなり
それぞれの円周を
押し広げる

 

おさのなおこ、小林剛士、柿本礼子共訳
詩人はランプに火を点すだけ
詩人はランプに火を点すだけ